【妊婦さん必見!】DHAって具体的にどんな役割があるの?

医療

どうもnekoshan気ままです!

最近のサプリメント、特に妊婦や授乳中のサプリメントを見ていると大体入っている希少栄養素がある。

それはDHAだ 。

DHAが感覚的に幼児の身体に良いことは誰もが知っていると思います。

ところでDHAの正式名称言えますか? 正式名称はドコサヘキサエン酸(DHA)といいます。炭素が22個一列に繋がっています(ざっくりすぎ)。

妊婦さんや胎児にとって何がどう良いのかというとこまで知っていますか?知らないのであればこの際、知ってもらいましょう。

それは、DHAは赤ちゃんの脳などの神経系の発達に重要な役割を果たします。というのも神経軸索の先にあるシナプス膜の35%はDHAで形成されているのです。

脳は多くの神経細胞でできていますが、その神経細胞を包む膜は脂質ですよ、つまり脂肪ですよ。実は脳は脂肪が豊富な臓器なのです。

神経細胞がどういうものかわかっているかたもわからない方もいると思います。中学または高校の生物の授業で見たことがありませんか?

神経は脳や脊髄、皮膚の下、筋肉にもいっぱい縦横無尽に張り巡らされています。

その神経の末端を拡大した図が下の図です。

https://www.kango-roo.com/sn/k/view/1699

神経細胞の画像のシナプス前膜、シナプス後膜と書かれた部分がそうです。その膜の35%がDHAで構成されているということです。よくわからない方は、赤ちゃんの成長に必要な神経細胞の一部はDHAなんだということを知っていただければ十分です!

これを裏付けるかのような文献を発見しました。

n-3系脂肪酸のなかでも脳に多く含まれるDHAは胎児期から老年期にいたるまで脳機能維持には必須である.その摂取不足は,脳の発達障害,うつ病,アルツハイマー病などの精神・神経疾患の発症と深く関連する.DHAは主に,神経新生,シナプス形成,神経細胞分化,神経突起伸張,膜流動性の維持,抗炎症作用,抗酸化作用などに関与し,脳機能維持に重要な役割を担っている.その作用機序は、1)細胞膜構成成分として膜流動性を変えてイオンチャネルや膜血同型受容体・酵素へ作用し,2)細胞膜かた切り出された遊離型DHAが直接的に,あるいはさらに代謝されてプロラクチンD1などに変換されて,間接的に核や各種タンパク質に作用してその機能性を発揮する.

日薬理誌(Folia Pharmacol. Jpn.)151, 27~33 (2018)

しっかりと神経の膜構成成分ということが明記されています。さらに神経の新生(神経が新しくできること)、シナプス形成、つまり上の画像の大きく書かれた部分の形成に関わることが分かっています。胎児や新生児では盛んに神経細胞が形成されることはわかっていますのでとても大事な栄養素ということがわかります。

Journal of Japanese Biochemical Society 88(5): 621-629 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880621

また、赤ちゃんは生後8か月で神経細胞の数はピークを迎えます。つまり、神経細胞を増やすのは生後8か月までが勝負ということです。あとは闇雲に増やした神経細胞を間引きして効率的な情報伝達ができるように整理していく作業が始まります。それをシナプス刈り込みと言います。

シナプス刈り込みが終わってからは神経細胞はあまり増えず維持されていきます。

神経の発達は生後の最初が重要ということがお判りいただけたと思います。

http://physipa.com/archives/2984

また、生後赤ちゃんの脳は大体300gです。脳を含めた神経系の発達は5歳までに成人の70~80%に達します。5歳でほぼ成人に近くなるんですね。これは刈り込みとはまた別の話で神経細胞の成熟の話ですので混同しないよにしてくださいね。

生後間もない神経細胞はまだ未熟で、スピーディーな情報伝達ができなかったり、学習によって新たな神経の経路が形成されたりといった成熟させる必要があります。それが5歳までには80%くらいまで達するということです。

だから幼児教育は大事なんですね。プロになり活躍する方は5歳になる前から始めている人が多いのはそれに特化した神経回路ができているということです。

さらにDHAは胎児だけでなく母体にもいい影響を与えてくれますね。それは抗酸化作用や抗炎症作用です。これで出産後も若々しく美しくいられるのではないでしょうか。

是非、妊娠中の方は飲んだほうが良いと思いますよ!そこで嫁に飲んでほしいサプリメントをいくつかpickupしましたので、好みのサプリメントを選んで元気で健康な子どもを産みましょう!

大正製薬のDHA・EPA

DHA以外の葉酸・ビタミンB12 ・鉄分について知りたい方は下記の記事もどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

胎児・妊婦さん関連記事

こちらではなぜその栄養素が必要なのかをしっかりと説明しています!是非ご自身と生まれてくる赤ちゃんの健康について学んで行ってください!

余談

余談ですが知能に効果があるのかどうか論文を探しました。

“2007年にアメリカとイギリスの研究者がLancet誌に発表した論文では、イギリスのブリストル周辺に住み、1991〜1992年の間に出産予定だった11875人の妊婦さんのデータを解析しています。研究対象者の98%以上は白人です。妊婦さんに1週間でどのくらいの量の魚を食べているか聞き、産まれた子どもの認知機能を調べました。その結果、週に340g以下しか魚を食べていないグループでは、8歳時点での言語性IQが低かったり、行動問題のスクリーニングテストの点数が悪かったりする子が多いことがわかりました(4)。 しかし、2017年にオーストラリアの研究では、2005年から2008年にかけてオーストラリアの5つの産院に通っていた2399人の妊婦さんを2つのグループに分け、DHA800mgとEPA100mgの入ったカプセル、またはプラセボのカプセルを妊娠22週から出産まで飲んでもらいました。産まれた子の18か月、4歳、7歳時点での発達やIQを調べましたが、2つのグループで差は認められなかったとのことです。

魚やDHAの効果を検証した論文は他にもたくさんありますが、結果は賛否両論でした。”

このことから頭の良さにはあまり期待できないことがわかります。これに関しては環境要因である育て方などのほうが大きく影響しそうですね。

医療
スポンサーリンク
シェアする
nekoshanをフォローする
スポンサーリンク
nekoshan気ままブログ

コメント